船町diary

海と山が近い町に住んでます。

新型MacBook 12インチ(2017)を買って半月で揃えたもの4選

こんにちは、オカモトシゲル(@kamaoka8280)です。

先日ブログで紹介した新型12インチMac Bookですが、毎日のように使い倒しています。

そこで、今日は約半月で揃えた周辺機器、アクセサリーについてご紹介したいと思います。

 

1.持ち運び用のケース

Mac Bookの主な用途は会社帰りなど外でblogの更新をしたり、画像の編集をしたり、ということだったので、持ち出すためのケースは必須でした。

そこでケースを探したのですが、探す際に考慮したのは下記の3点です。

MacBookの軽さを妨げないような、軽いケース

MacBookの小ささが失われないような、スリムなケース

・安価で、見た目に安っぽく見えないもの

そこで考慮した結果選んだのが下記のケースです。

f:id:okamoto8280:20170627003228j:plain

f:id:okamoto8280:20170627003234j:plain

V.M 12インチ PCケース レザー 12 パソコンケース PC ケース

 

値段は僕が購入したタイミングで2190円でした。アンダー3000円ですが、使い心地はそれなりに満足しています。

・外側の合皮の材質がそれなりで、安っぽさがない。水をはじく構造なので、鞄の中に入れていても安心

・内側の素材がMac Bookの表面を傷つけてしまわない。

・サイズ感がぴったりなので、端末がずり出てしまうようなことが起きない。

 

 

 

 2.保護シート

元々持っていたMacBookAirでは保護シートをつけていませんでした。

結果として液晶に大きな傷がついてしまうことはありませんでしたが、どうしても液晶は普通に使っていれば汚れてしまうもの。

使いながら、「最初の段階で保護シートを張っておけば良かった」と後悔していたので、今回はMacBookが届く前に購入しておきました。

IPhoneのように液晶をべたべた触るようなデバイスは迷わずアンチグレア(指紋が付きにくいもの)を使用しているのですが、MacBookでは液晶を触る予定もなかったので、せっかくのRetinaディスプレイの高解像度を阻害しないような、「校光沢タイプ」の保護シートを選択してみました。

f:id:okamoto8280:20170627003236j:plain

 OverLay Brilliant for MacBook 12インチ 

 

自分で張ってみたところ、とにかく液晶がiPhoneiPadに比べて大きいので、貼り付けるのに苦労しました。そして1か所だけ糸クズが入り込んでしまい、そこだけ気泡が入ってしまっています。・・・まあ液晶本体からは外れているので、このまま使うつもりです。張ってみての感想はこんな感じ。

[画像]

・液晶が大きくて張りづらいが、液晶をしっかりカバーできて大きすぎず作られているので、何回か試せば上手く張れた。

・インカメラのところは保護されていないので、そこを目印に貼り付けていったら上手く張れた。

・液晶の中に入り込んで取れなかった気泡は、数日間放置することで自然と消えた。消えなかったのは糸クズが入り込んだ気泡のみ。

・☆1のレビューに出ているような、保護シートを張った結果、うまく閉まらなくなった、ということは全くなかった。

 

 以上2つはMac Bookを買うのと同時に注文しておいたモノです。

 

 

3.スキンシール(wraplus)

ケースに入れて持ち運んで使うようになると、今度はアルミ部分に傷がつくんじゃないか、と気になりだしました。そこで、MacBookにぴったりのスキンシールを探したところ、wraplus(ラップラス)のスキンシールを張っている記事をいくつか見かけたので、自分も注文してみました。

f:id:okamoto8280:20170627003328j:plain

【全31色】 wraplus for MacBook Retina 12 インチ 【ネイビーブラッシュメタル】 スキンシール

 

どうですか、かっこいいでしょう?笑

この買い物は大満足でした。張るのにちょっと苦労しましたが、youtubeで張り方の動画も出ているので、これを見ながら張れば安心です。

僕が張る様子も記録したので、その様子はまた記事にします。

・スキンシールがとにかくMacBookのサイズにピッタリ。張る位置が少しでもずれると角がはみ出してしまうが、ピッタリ張れればこれ以上ないくらいの保護になる。

・裏面のゴム足の部分が自分はどうしても合わなかった。この部分については人によってはドライヤーでスキンシールを伸ばして張ったりしているみたい。それほど気にならなかったので自分はそのままにしてます。

・粘着力がかなり強いです。(スキンシールから接着剤の匂いがするほど)ピッタリ圧着されている状態からはがす時にどのようになるかは気になるところ。

・ネイビーブラッシュメタルは実際の色味は限りなく黒に近いです。自分のMacBookは筐体自体がグレーなので、雰囲気にもぴったりマッチしました。

・スキンシールを張ってもMacBookのサイズには影響なし。1で紹介したケースにしっかり収まっています。

 

4.HooToo、USB-Cハブ

他の方のブログでもおすすめされているHooTooのUSB-TypeCのハブを自分も購入しました。使ってみての感想はやっぱりMacBookにピッタリのクールなデザインです。HooTooのロゴの光もイカしてます。

f:id:okamoto8280:20170628003553j:plain

HooToo USBハブ Type-C 3 3.0ポート HT-UC001 グレー

 

使ってみての感想はこんな感じ

・コードが少し邪魔。Belkinアルミニウム4ポートUSB 3.0ハブのように、端末の筐体にピッタリ沿うような形だと良かったかも。

・カードリーダー、USBの動作はどちらも問題なし。デジカメで撮った画像を端末に持っていきたい用途の方にはとてもいいと思います。

・タイミングの問題なのか、このハブを経由してiPhone7にUSB接続した際、なぜかiPhone側のバッテリーが充電状態にならず、バッテリーが減っていくことがありました。(iPhoneの再起動で事象は解消)自分の端末に固有の問題なのかわかりませんが、どうしてだろう・・

・HooTooのハブを経由してのUSB-CでのMacBookへの充電は問題なく、良好。

・自分はブログに載せる写真なんかはiPhoneで撮ることが多いので、その写真はハブを使わずにAir Dropで共有しちゃいます。その方が早い。

・とはいえ、ハブ自体は間違いなく必要になるので、買って後悔はしていません。

 

 いかがだったでしょうか。

新しいガジェットを買うと、周辺機器を揃えることも楽しくなっちゃいますよね。

家族の目もあるので、HooTooのハブはネットで通販せず、わざわざ秋葉原まで買いに行ってしまいました。

MacBookは毎日使い倒いしているので、使い心地などは改めてレビューさせていただきます。

 

それでは、また。