船町diary

海と山が近い町に住んでます。

裁量労働制の仕事現場で何が起こってるか正直に書くよ

こんばんは、オカモトシゲルです。

 

最近世の中的に「裁量労働制」が急上昇ワードに上がってきてますよね。

はてなブログでも影響力のある方が記事を書いてます。

dennou-kurage.hatenablog.com

 

「定額働かせ放題」とか「企業にとっての最良労働」だとか色々言われていますが、既に裁量労働制の現場で働いている立場として、現場で何が起こっているかを正直に書いてみようと思います。

まず立場をハッキリさせておくと、ぼくは裁量労働制は大反対、くたばれクソ経団連って意見です。

続きを読む

iPhone向けアプリ審査の備忘録

 

こんばんは。オカモトシゲルです。

今日はAppleネタと言えばAppleネタですが、どちらかと言うと自分のための備忘録です。

仕事でiPhone(iOS)向けのアプリを作って審査に通してたので、その時のメモ。

 

審査待ち時間について

この記事を書いている2018年2月現在だと、アプリの審査待ちの時間は昔よりかなり短くなってます。

4-5年前だと1週間の単位で待たされることが珍しくなかったですが、今回作ったアプリの審査期間は長くて3日でした。

審査待ちの期間の目安はこのサイトが参考になります。

Average App Store Review Times

トップのページにXDaysと大きく書いてますが、そこよりも実際のrawデータの一覧が書いてあるページのほうが参考になります。

f:id:okamoto8280:20180221201236p:plain

f:id:okamoto8280:20180221201318p:plain

ここのRAWデータを覗いてみれば分かる通り、0-2days程度で通っているデータがほとんどの中、まれに20日や30日という長過ぎる審査期間が申告されているわけです。

よほど特殊なことをしているのかわかりませんが、RAWデータ上で0-2日程度で審査されている人が多ければ、それをある程度アテにして良いと思います。

 

【参考】ぼくが審査に出したときのキャプチャ

・初回審査

f:id:okamoto8280:20180221204002p:plain

・アップデート1

f:id:okamoto8280:20180221204019p:plain

・アップデート2

f:id:okamoto8280:20180221204034p:plain

初回審査で3日、アップデート版については24時間以内には審査開始されています。

レギュレーションには書いていないですが、今回の結果から推察するに、新規(もしくは長いこと更新していない)アプリの審査は審査開始が少し遅めです。逆に前バージョンを直近に審査で通過させておくと、審査の開始も早い傾向にあります。

よって、商用アプリでリリースの時期を顧客やステークホルダによって指定されるようなケースでは、バグを潰しきっていなくても一旦審査通過させておくと、後続バージョンのリリースまでがスムーズに進みます。

ただ、最初に審査通過させるタイミングでアプリ上の全てのリンクは通せるくらいの品質は確保しておく必要がありますが。

ここはレギュレーションで明記されています。

 

App Store審査ガイドライン - Apple Developer

App Reviewは、ソフトウェアのテストサービスではありません。クラッシュする、または明らかな技術上の問題がある不完全なアプリケーションバンドルやバイナリは却下されます。

 

審査やり直しではなく、問題解決センターから問い合わせした方がいい

今回の対応でちょっと驚いたのが、Appleの審査チームが日本の昼間時間でも対応してくれたことです。その時のログがこの画像なのですが、日本時間の9:00頃に審査が開始され、9:30頃に却下されました。

f:id:okamoto8280:20180221204057p:plain

この却下の理由になったのが実際にはアプリ側の問題ではない部分だったので、却下されたメッセージに返信する形で、拙い英語で極力下手に出ながら異議を申し立てたところ、なんとメッセージを送ってから数時間内に再審査をしてくれました。

iOSアプリの審査は米国時間で動いているので、早くても日本時間の22:00頃にならないと状況が動かないと思っていたので、これにはちょっと驚きました。

もし問題解決センターを使わずに審査の列に並び直していたら、最大限上手くいっても夜までは審査されなかったはずです。

もしリジェクト理由がアプリではない外部の理由で、ビルドをあげ直す必要がないのであれば、反射的に「審査へ提出」するのではなく、問題解決センターを使ってやり取りをするほうが解決が早いかもしれません。

 

参考にしたページ

審査に通す際に参考にしたページです。

 

qiita.com

 

 

Suchmosの曲のサンプリングソースをまとめてみた

こんばんは。オカモトシゲルです。

今夜はsuchmosのサンプリングソースをまとめてみようと思います。

 

 

スタジオ音源のサンプリングソース

YMM / Two Dope Boyz( In a Cadillac)(Outkast)

Suchmosを一躍有名にした1曲にして、今もライブ1曲目の定番、YMMの印象的なサンプリングはこの曲です。

www.youtube.com

0:52〜

www.youtube.com

 

GAGA / And The Beat Goes On(The Whispers)

GAGAのサンプリングの元ネタはthe whispersから。直前のYMMが90'sのヒップホップをもとにしたと思ったら、今度は70'sのオールディーズを持ってくるとは・・・

0:24〜

www.youtube.com

0:25〜

www.youtube.com

 

Miree / Last Night Changed It All(Esther Williams)

www.youtube.com

www.youtube.com

 

Get Lady / Give it All Your Heart(Herbie Hancock)

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

BURN / Smokin Cheeba Cheeba(Harlem Underground Band)

1:30〜

千葉チーバにしか聴こえなくなった・・・

www.youtube.com

 

DUMBO / The Light(Common)

www.youtube.com

 0:40〜

Gotta be somethin for me to write this”のフレーズ

www.youtube.com

 

 

 

ライブ音源のサンプリングソース

YMM / Back in the day(エリカ・バドゥ

Tour THE KIDSから披露されているYMMのリアレンジでは、曲のアウトロでこの曲がサンプリングされています。

このライブ映像は個人がスマホ等で録画したものですが、3:55〜からサンプリングされていることが分かります。

www.youtube.com

原曲の方の1:11〜

www.youtube.com

Pacific / Tonights the Night(Ray Parker Jr.)

Suchmosのライブの定番、Pacificは昔からこのアレンジで演奏されています。

3:00〜あたりから

なお、原曲の歌詞は I'm a stupid man with the bad people」ですが、ライブアレンジではいつも「I'm a stupid man with the good people」で歌っています。

www.youtube.com

1:20〜

www.youtube.com

 

いかがだったでしょうか。

4月からのツアーを前に、suchmosのルーツになっている音楽を聴いておくと、より深くライブを楽しめるかもしれませんよ!

それでは、また。

iPhoneのバッテリー寿命はどうすれば長持ちするのか、検証してみた

f:id:okamoto8280:20180204003831p:plain

こんばんは。オカモトシゲルです。

iPhone Xを使い出してちょうど2ヶ月が経過しました。

 

iPhone X、ネットではボロクソに叩かれてるけど、そんなクソ端末じゃないですよ。

ついついスリープするときに画面キャプチャしてしまうところ以外は不満なしです。

 

さて、そもそもiPhoneを買い換えた理由は、購入して1年くらいしか経ってないiPhone7のバッテリーの劣化が早すぎて、バッテリー交換するくらいならいっそiPhone7売り飛ばして最新機種に買い換えたるわ!

という衝動的なものでした。

つまるところバッテリー不満で買い換えたわけですが、次回には同じ轍を踏まなくて済むようにバッテリー寿命を伸ばす方法について検索したところ、

バッテリー寿命の伸ばし方には主に2つの宗派が存在することがわかりました。

 

①継ぎ足し充電は禁忌とする派

iphone-mania.jp

 

1年でかなり電池が劣化したiPhone7はこの使い方でした。

基本的に一度100%まで充電して、100%に達したら過充電にならないように速やかに充電を終わらせて、0%になるまで使い切る、という使い方です。

この方法で1年使い続けた結果、バッテリー消耗レベルは23-25%程度でした。

ちなみにバッテリーの劣化情報はiPhoneのアプリのBattery Lifeで確認しています。

バッテリー・ライフ (Battery Life)

バッテリー・ライフ (Battery Life)

  • RBT Digital LLC
  • ユーティリティ
  • 無料

 

 

②充電深度が浅く済むようこまめに充電すべき派

www.nobil.org

こちらの方が現在の主流の派閥です。

充電深度が深ければ深いほど(要は0%から100%に一気に充電すればするほど)バッテリーに負担をかけるという内容です。

上のリンクのページは寿命を長持ちさせる方法について素晴らしくまとまっていたので、バッテリー問題に悩むiPhoneユーザは必見です。

ぼくもこの宗派に宗旨替えしまして、iPhoneXをこの方法で2ヶ月間使用してみました。

具体的に意識していたのはこんなポイント

・80%充電完了を目安に充電をやめる

・20%程度までバッテリーが減ったら充電

・隙間時間でもこまめに充電して、なるべく50%程度を維持できるように。

 

検証結果

 

結果はこうなりました!

f:id:okamoto8280:20180204004853p:plain

f:id:okamoto8280:20180204004917p:plain

バッテリー消耗度1%!

2ヶ月毎日がっつり使ってこの消耗度です。

この消耗度の度合いが続いたと仮定すればですが、1年使っても消耗度は6%。

これなら買い換えも必要なさそう。

 

何より実際に使っていても全然バッテリーの劣化を感じません。

ということで、バッテリー寿命を伸ばすための使い方は②の「充電深度が浅く済むようこまめに充電すべき」が結論です。

 

本当にこのペースで劣化が防げるのか。今後も記事に追記していくつもりです。

それでは、また。

 

iPhoneX向けのLhaplusスキンシールは万人にはお勧めできない

f:id:okamoto8280:20180105003644j:plain

こんばんは。オカモトシゲルです。

 

書こう書こうと思って書けてなかったんですが、年末にiPhone買い換えたんですよ。

iPhone7の電池が全然持たなくなってきたので、話題のXに換えました。

 

なので、MacBook買った時にも貼ったWraplusのスキンシールを再度注文※して、また貼ってみることにしました。

 

MacBookに貼った時の様子はこちら

MacBook12インチ用、Wraplusのスキンシールを張る様子をレポートします。 - 船町diary

 

 

結論から言うと、MacBookに貼るよりも難易度が高めなので、万人にはお勧めできないな、と。なぜお勧めできないか、理由を書きます。

 

1.接着面がMacBookと比較して圧倒的に少ない(特にサイド)

完成図の写真と下の台紙状態のシールを見ていただいてわかる通り、背面だけでなく、スピーカーやスリープボタンの部分(サイド)も全てくり抜かれています。

f:id:okamoto8280:20180105003731j:plain

傷から守る意味ではありがたい配慮なんですが、当然ながらサイド部分は接着面の面積が小さく、曲面になっているためどうしてもぴったりと接着せず浮いてきてしまいます。特に四隅部分ですね。重ねて貼るようなのり代はなく、ほぼぴったりサイズでカットされているため、どうしてもうまくくっつきませんでした。

ドライヤーで貼り付けるとうまく行くのかもしれませんが、これは少々難易度が高いぞ・・・と。

 

2.スキンシールを活かそうとするとケースが制限される

これも考えてみれば当たり前の話なんですが、せっかく貼ったスキンシールを自慢しようと思うと、どうしても透明の味気ないケースを選ばなくてはいけないことになります。かといってケースを使わずにスキンシールを貼った裸・・・というか下着だけの状態でiPhoneを使うのは落下リスクからしてもオススメできません。

 

ということで僕はこの透明ケースを選びました。

・スキンシールの見た目を邪魔しない

・四隅など弱い部分をしっかり保護してくれる

の2点がポイントですね。

 

おまけ 貼るときの様子はこちら

前回とおなじシンプルな封筒で到着

f:id:okamoto8280:20180105004345j:plain

iPhone向けのスキンシールは面積が小さいのもあって2枚入りでした。

これで1回失敗しても大丈夫!

f:id:okamoto8280:20180105004443j:plain

まずはカメラ部分に先行して貼ってみます。

f:id:okamoto8280:20180105004532j:plain

説明書きの通り、スピーカ部分に先に貼り付けて、そこから背面に被せるように貼ってみたところ、一発でピッタリ!

f:id:okamoto8280:20180105004605j:plain

四隅に試行錯誤したり、シールをうまく貼ったままケースに入れようとして悪戦苦闘した結果(写真を撮ってる余裕がなくてノー画像です)・・・

こうなりました!

f:id:okamoto8280:20180105003644j:plain

出来上がりはとても気に入ってます。

上手に貼り付ける自信がある方はチャレンジしてみるのもいかがでしょうか。 

 

 

 

MacBookに貼った時の様子

okamotokamakura8280.hatenablog.com

 

それでは、また。 

 

明けましておめでとうございます。(今年の抱負)

こんばんは、オカモトシゲルです。

2018年が明けました。仕事内容がかわったことがきっかけでなんとなく始めたこのブログも、牛歩ながらなんとか半年間続いたことになります。

お読みいただいている方のおかげです。ありがとうございます。

 

プライベートなものを含め、今年の抱負を(なるべく)数値目標として書いておこうと思います。

 

1.ブログ更新頻度の増加(月に10記事)

 

半年続いたというものの、記事の数がなかなか増えません。ちゃんと毎日更新しているような人であれば、半年続ければ50記事に到達するかと思います。このブログの記事は50件以下。

まずはここにテコ入れして、1ヶ月に10記事以上を目標にします。順調に進めば今年の12月で120件の記事ができる算段ですね。

記事を増やすのに合わせて、1記事書くのに使う時間も減らします。割と1記事に長い時間をかけて書くことが多いのですが、かけている時間とクオリティが比例していないな、と。

その試みの一環で、この記事も下書きもなしに1時間目標で書いています。

 

2. 英語力の強化(TOEICスコア730点)

仕事上の都合で、海外関係会社とやり取りすることが増えそうです。

英語力をより強化しなければという危機感を感じています。

TOEICのスコアをあげてもそれだけでコミュニケーションが出来るようになると甘い考えをしている訳ではありませんが、まずは最低限ここからかな、と。

ちなみに今のスコアは600点弱。6月までに730点のスコアを取ることを目指します。

 

3.仕事上のノウハウを記事化する

2017年の四月からだいたい半年、主に保守の仕事をやっていました。

それまでの担当業務はGIS地理空間情報)関連のアプリ開発なんかをやっていました。

人手不足で12月に古巣に帰ってきた時、せっかく昔覚えたノウハウを忘れているなと気づいたので、社内の機密事項にかかわらないOSSの使い方などは積極的に自分メモとして残していこうと思います。1で目標として挙げた更新頻度の増加にも繋がりますので。

 

そんな感じで、今年も皆さんの役に立つ情報を発信していければと思いますので、よろしくお願いします。

それでは、また(所要時間45分)

2017ベストディスクトップ10(邦楽)

こんにちは。オカモトシゲルです。

気がつけば2017年も残すところわずか・・・どころか明けてしまいました。

1年って本当に早いですね。2017年もたくさんの音楽を聴きました。

振り返りの意味も兼ねて、個人的なベストディスクトップ10を発表しようと思います。

 

 

 

10位:BOOTLEG(米津玄師)

・とっ散らかってるのにまとまっているのはひとえに曲がいいから

初音ミクコラボの「砂の惑星」やら有名アニメの主題歌になった「打上花火」にはじまって、モデルとコラボしてみたり、大人気俳優とコラボしてみたり、いきなりタイトルに読めない漢字が入ってきたり・・・と、音楽の中身も、取り組み方もすごくとっ散らかってます。なのにアルバム通しで聴くと米津玄師のアルバムとして違和感なく成立しているのはなぜか、というとひとえに作曲センスがズバ抜けているからでしょう。

 

www.youtube.com

 

9位:à la mode(TWEEDEES)

渋谷系おしゃれポップ+演奏のグルーヴ感

今年もシティポップと呼ばれるジャンルは大流行が継続しました。

中でもよく聴いたのが音楽界のベテランおじさん+若い女性のユニットであるこのTWEEDEES。その他のシティポップと一線を画してると感じるのは演奏のグルーブ感。沖井礼二は本職がベース弾きだけあって、多幸感溢れるおしゃれポップの中にスラップのフレーズを交えてきたり、一味違う聴かせ方をしてきます。

おまけ曲としておじゃる丸の曲「プリン賛歌」も。

www.youtube.com

 

8位:Culture Vulture(la la larks)

School Food Punishment内村友美の新バンド

2012年に惜しくも解散したSchool Food Punishmentのフロントマンだった内村友美がプロデューサーの江口亮らと結成した新バンド。結成から長年フルアルバムを出さずにいたのが、ついにリリース。良い意味でSFPと変わっていないのはメロディの素晴らしさ。後期のSFPが好きな人は必聴でしょう。

リードトラックは1曲めの「Massive Passive」ですが、個人的には#10〜#12までの流れが最高だと思ってます。

www.youtube.com

 

7位:Dim the Lights(MONOEYES)

・よりバンドとしての色が出てきた2ndアルバム

細美武士が率いるMONOEYESの2ndアルバム。前作「A Mirage In the Sun」は全曲が細美の作曲だったけれど、本作ではスコットの楽曲も増えてきて、よりバンドとしての色が出てきました。the HIATUSも1stが細美色強めだったのが、2ndと3rdで一気にバンドとして進化したので、同じ道程を辿っている印象。

ただ、柏倉隆史や(当時の)堀江博久など、ロックバンドというよりプログレやポストロック色の強いメンバーがMONOEYESにはいないため、進化の方向性は正統派のギターロックになるのでは。

細美自身も非常に気に入ってると発言している「Two Little Fishes」がオススメ。

www.youtube.com

 

 

6位:TEMPEST(D.A.N)

・ロックとクラブカルチャーの懸け橋に

2016年のセルフタイトル「D.A.N」 で衝撃的にデビューしたD.A.NのEP。

曲数はlimixを加えても5曲と少ないものの、1つひとつの曲の長さが7分を超える、いわゆるJポップのフォーマットでは異端の形式。

ミニマルミニマルと巷で言われるように、ループするベースのフレーズがたまらなく心地よく、ずっと聴いていられます。

youtubeに直近のTVでのライブパフォーマンスが上げられていました。RSRでは裏がSuchmosと被っていてみられなかったので、2018年こそライブに行ってみたい。

www.youtube.com

 

5位:光源(Base Ball Bear)

・葛藤を乗り越えて生まれた名盤

ギターの湯浅の脱退があってから初めて作られたアルバム。メンバーの脱退はきっと葛藤があったことと思いますが、出来上がったアルバムは個人的にBase Ball Bearのベストアルバムといって良い出来でした。もともと楽曲作りのセンスの良さは素晴らしかったのですが、ライブ再現可能なギターロックのフォーマットにはまりすぎてた印象を持ってました。が、今作はある意味制約から解き放たれたため、シンセやストリングスなど多彩な音色で奏でています。

BBBと本田翼のコラボPVはハズレなしとぼくの中で評判ですが、今作「すべては君のせいで」も最高です。

www.youtube.com

 

4位:FANTASY CLUB(tofubeats)

・「最近好きなアルバムあるかい?」

tofubeatsのこれまでのアルバムって、ゲストボーカルを迎えた曲がいい意味でも目立ちすぎてて、アルバム全体で通して聴くってことをなかなかやらずにいました。

2015年の「STAKEHOLDER」くらいからそういった(わかりやすい)ゲスト路線から離れようとしているように感じていましたが、FANTASY CLUBはその路線の完成形です。

今の時代っぽく1曲単位で聴くのではなく、CDやLPのある意味時代遅れなフォーマットで、スキップ機能を使わず聴いてみるのをオススメします。

ちょっとしたフレーズや音に発見があるはず。

www.youtube.com

 

 

3位:waves(Yogee New Waves)

・夏がくるワクワクを掻き立てる名盤

大森靖子との「音楽は魔法」云々の事件の方が世間を騒がせてしまったYogeesですが、今作「Waves」は名作でした。1曲めの「Ride On Wave」のイントロのギターを聴いた瞬間から、夏休みの初日、晴れた日の朝に起きた時のようなワクワク感が掻き立てらてます。大げさに褒めると2017年版の山下達郎「For You」のイメージ。

夏の海やキャンプでのBGMに、仲間たちと聴きたい1 枚。唯一注文をつけるとしたら最後は「Night is Coming」で締めてくれたら最高だったのに。

www.youtube.com

 

2位:Mellow Waves(Cornelius)

・音の一ひとつひとつまで丁寧に作り込まれた傑作

小山田圭吾Corneliusの新作。恥ずかしならフリッパーズギター小沢健二は聴いていたものの、Corneliusの作品は聴いたことがなかったのです。

このアルバムを聴くきっかけになったのは今年のライジングサンのライブパフォーマンスがきっかけ。

いざ聴いてみると多種多様な音をコンマ1秒単位で丁寧に作り込んだ作品に脱帽。

坂本慎太郎から詞の提供を受けたリードトラック「あなたがいるなら」から最後まで、1ど聴きだしたら止められないはずです。

www.youtube.com

 

1位:ROADSIDE PROPHET(GRAPEVINE)

・25年を経てますます磨きがかるカッコよさ

 GRAPEVINEの新譜が今年のベストアルバム。

25年の歩みを歌ったような名曲「Arma」は2017年の「終わりなき旅」です。

ミスチルのような分かりやすさポップさはなくても、田中和将の捻くれたカッコよさが光る名作。

1年の間には良いことも悪いことも色々あるもんですが、凹んだ時や疲れた時にこのアルバムに励まされた1年でした。

www.youtube.com

 

いかがだったでしょうか。

未聴のものがあればぜひ聴いてみてください。それでは、また。